茨木童子 出生の地 新潟県 長岡市 軽井沢
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 茨木童子興復計画

茨木童子興復計画

スマホ待ち受け画面用に使えます。 茨木童子の画像 もうすぐ公開予定

 Ⓒ2020 lack / 茨木童子の里興復計画 越後の軽井沢 オリジナルキャラクター 茨木童子 まもなく 公開予定です。 平安時代に 四天王筆頭 渡辺綱と“遊んだ”茨木童子。渡辺綱邸に乗り込んで 己の腕を取り返してからは どうなったのか? …消息は一切不明。   …令和に出現報告アリ。 うら若き乙女に化け、乳母に化けて渡辺綱を騙した 茨木童子 。はたして 男だったのか?女だったのか?それとも…… 酒吞童子をはじめとする数多の鬼は滅せられたが…茨木童子を倒した という記述は一切無し。とつぜん消えては現れる どこでもいないし 何処にでもいる…。大正時代、鬼殺隊の監視網をかいくぐり 現代に現れた茨木童子。 “令和では だれと遊ぶのか?”

鬼で読み解く 江戸川柳 佐藤秀治 著

【茨木童子(越後の軽井沢) 関連の書籍 資料 紹介】 鬼で読み解く 江戸川柳 著者 佐藤秀治現代社会の庶民の娯楽といえば…漫画・アニメ・小説・旅行・グルメ・アウトドア・スポーツ・映画・SNS……百人いれば百通りといってもいいほど 多様な娯楽が溢れています。江戸時代はどうだったでしょうか?江戸時代の庶民の娯楽のひとつ⇒川柳そのなかには “鬼”を題材とした 川柳もありました。もちろん“茨木童子”も川柳に生き生きとうたわれています。 “鬼”を詠んだ 293句を収録。その一つ一つを著者が解説し 当時の江戸庶民にとって“鬼”とは何だったのか?“鬼”に何を求めたのか? を読者に語り掛け問いかける鬼の川柳を集めた稀有な本。著者も本の中で読者に語っています「……一句一句の解釈を読者に委ねているのである……次世代の鬼研究伝承者の方々への橋渡しとして……」

鬼の系譜 佐藤秀治 著

【茨木童子(越後の軽井沢) 関連の書籍 資料 紹介】 鬼の系譜  著者 佐藤秀治越後の軽井沢(新潟県長岡市、旧 栃尾市)に古くから伝わる“鬼”茨木童子。その伝承を 現地(軽井沢)にて徹底取材。位置図・現地写真も掲載。軽井沢の茨木童子生誕伝承を検証すると同時に 今も“歌舞伎”等で演じられている 平安時代の茨木童子物語を紐解き『鬼 茨木童子』の本質に迫る著者渾身の力作。

SPECIAL THANKS

引用文献 画像提供 情報提供 その他 サイト運営 制作 また このプロジェクトで お世話になっております皆様です。 順次 更新しております。 順不同、 敬称は省略させて頂いております。 軽井沢 茨木童子伝承  編著  佐藤秀治 漫画「食キング」 土山しげる先生  日本文芸社 漫画「鬼滅の刃」 吾峠呼世晴 先生 集英社 甘茶の音楽工房 一之貝小学校 軽井沢分校 閉校記念事業実行委員会「おおひら」 越後の軽井沢地区 関係者の みなさま 栃尾文化遺産研究室 室長 佐藤秀治 紙漉 サトウ工房 つぶデコ かわいいフリー素材集 いらすとや

茨木童子の 主な 逸話 2

茨木童子の 服装は 質素だった? 茨木童子 と聞けば まず 必ずといっていいほど出て来る名前⇒「酒吞童子」 服装について その酒吞童子と茨木童子を比べている箇所があります。↓ ↓大江山の鬼族の位から見れば、大将格の酒吞童子の片腕・参謀・知恵者・指揮者・第一の眷属であったことから推察すれば、酒吞童子の立派な出で立ちとは違い、服装はいたって質素であったとおもわれる。…↑軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏 役割・立場からの服装分析139~ページより 茨木童子が姿を現すときは 必ず相手は 武芸に長けたもの 完全武装の武芸者たちだけを 狙った?茨木童子。 ↓①相手は 武芸に長けたものであること。一般の庶民が茨木童子に出会ったという話は残っていない。全て武芸者である。庶民とは敵対する意味が無かったのである。また、囚われたと言われる姫君たちも庶民の娘では用をなさなかった。つねに貴族の娘でなければならなかった。 茨木の敵は貴族であり、相手は朝廷であり、貴族に飼われている武芸者達であった。 ②それも完全武装であることが条件だった。武芸者であっても尚も 万全な装備、鎧兜、名馬、名刀をみにつけ……↑軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏 142~143ページより 抜粋。

茨木童子の 主な 逸話

軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏 ⇒越後 軽井沢区の茨木童子 を様々な観点からまとめた本(研究資料)。このページでは 世間に知られているであろう 茨木童子の逸話(一部は歌舞伎の演目として今も演じられている)の部分のみを ピックアップしました。 【茨木童子 誕生日は 806年生まれ?】 伝承によると、大同元年(806年)に、童子は軽井沢に生まれたと言う。(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より) ※この頃 日本の主な出来事↓804年 → 最澄と空海が唐にわたる。805年 → 最澄が天台宗を興す。806年 → 桓武天皇が没し、第51代平城天皇が即位。806年 → 空海が真言宗を興す。 ※この頃 中世ヨーロッパでは↓800年 → カール大帝がローマ教皇レオ3世から西ローマ皇帝の帝冠を授けられる 【茨木童子は 親が神社へ隠すほど の美男子?モテた?】 (ここから↓)成長するにつれますます美しく、才気溢れ、腕力も他に比較する者もなかったという。童子の美しさに言い寄る女性は数知れず、恋文・投げ文のたぐいは絶えることがなかった。そこで、童子の行く末を案じた両親は寺に相談し、泣く泣く越後一宮・弥彦神社に稚児として上げることを決意した。(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より ↑抜粋) 【茨木童子が“鬼”になったきっかけ 「血塗りの恋文」を舐めた】 (ここから↓)一時帰郷した童子は、生家の押し入れの中から母親が桑折に密かに隠していた山のような恋文を探し出し、一気に読みふけった。特に関心を引いたのは、「血塗りの恋文」であった。それは童子に恋い焦がれたある女性の怨念が、恋文の文字を血潮に変えたものであったという。何気なしにそれを指先につけて一舐めした童子は、たちまち身体の奥底から異様な活力が溢れ出て、自分でも押さえきれぬ大きな衝動に突き動かされ、着ていた着物を自ら切り裂いた。その端麗な容姿はみるみる醜い鬼の形相と化し…(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より ↑抜粋) 【頼光四天王の筆頭 渡辺綱 が警戒していたにも関わらず 腕を取り戻した】 渡辺綱⇒ウィキペディア 今でも 歌舞伎 等の演目にもなっている有名な逸話(歌舞伎 「茨木」)。茨木童子は渡辺綱に 源氏の名刀「髭切りの太刀」にて 腕を切り落とされる。後に、茨木童子は其の腕を取り戻した。腕のあった渡辺綱 邸へは 女装(伯母に化けて)して …

茨木童子 渡辺綱に切られたのは 右腕か?左腕か?

結論からいいますと…分からない というのが答えなのではないでしょうか。 茨木童子は渡辺綱に どっちの腕を切られたか???有名な歌舞伎の演目「茨木」では左手 となっていますが 「戻橋(もどりばし)」では右腕を切られています。諸説がありまして、どっちが切られているにせよ それは「歌舞伎」での話であって其れを確認するすべが今は無い というのが答えなのではないでしょうか。 ここに「茨木童子は渡辺綱に どっちの腕を切られたか?」参考になるサイトがありますのでリンクを張っておきます。 「茨木童子は渡辺綱に片腕を斬り落とされますが、斬り落とされたのは右と左どちらの腕ですか?」Yahoo!知恵袋↓ https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11125346606 歌舞伎見物のお供 「茨木」いばらき ↓ https://blog.goo.ne.jp/yokikotokiku/e/a3fd877f127e70684681d5f582b44dc4

食キング 土山しげる先生 越後の軽井沢が舞台の 当時の週刊誌 漫画ゴラク みつかる

この食キングのお話は 139話 おにぎりの里 巻頭カラーカラーページが4ページ続いています。 当時の 週刊漫画ゴラクにて 土山しげる先生の「食キング」が いかに人気があり 漫画ゴラクの看板漫画だったことが伺えます。 この 139話 おにぎりの里 は 食キングの単行本 16巻に収録されており今もkindleなどで 購入できます。 … …Coming Soon

軽井沢 茨木童子 伝承 編著 佐藤秀治 氏

【茨木童子(越後の軽井沢) 関連の書籍 資料 紹介】 軽井沢 茨木童子伝承 編著 佐藤秀治氏Coming Soon

イラストレーターlack 氏 に決定! 越後の軽井沢の新キャラクター茨木童子の絵 クラウドファンディング活動報告

岡田以蔵(Fate/Grand Order)等々 大人気の絵師 lack 様  が 茨木童子(越後の軽井沢)を描いて頂く事になりました♪ 絵師 イラストレーター lack 氏 経歴↓ カードファイト!! ヴァンガード TCGや、ゲーム、ライトノベルなどのイラストレーションを手がけているほか『イラストレーション制作過程』を YouTube などの動画配信サイトでライブ配信中。イラストレーターとして、イラスト制作過程を動画配信する有名ユーチューバーとしても活躍。 クラウドファンディング 達成! ありがとうございました。

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 茨木童子の里 興復計画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.