茨木童子の祠 に関する 貴重な証言(1940年 昭和14年ころは…)

茨木童子の祠 がたてられた理由は 一説では「茨木童子を忌み嫌うような…」考察があります。
しかし、そういった理由ですと…疑問におもふ点がでてきます。

◆厭忌などの そういった理由で わざわざ ほこら を作るのか?
◆茨木童子の祠は 小高い場所に設置されている(一言でいえば 良い場所)

茨木童子の祠 を管理している 地主さんに お話を聞きました。(2021年 9月9日)
いつ だれが どういう理由 で つくったのか? ということは 一切わからない という ことです。お話を伺うと同時に 茨木童子に関する資料をお借りすることができました。
  
  そのなかで興味深い文書がありました。
(※掲載許可をいただきましたので 掲載させていただきます)

文書  故 茨木政司 さん

「私のたから」という題名で 書かれた 一枚の印刷物。
其の他の文書から推察すると 2000年ころに 書かれたものです。
茨木政司さんは 茨木童子の祠を管理する 先代の地主さんでありました。

『今から千年前になります、
「丹羽国大江山にて有名な茨木童子」が わが家の祖先に当たります。

幼き頃より悪行を好み里人に忌み憎まれ、また酒吞童子と義兄弟を結んで丹羽国大江山(京都府)に立籠り、
都に出ては強盗を働き、 人を害し婦女を誘拐するので、勅命 を受けた源頼光らによって追討さ れたという物語となっています  が、
栄華の限りをむさぼる、当時の貴族社会の反発の行為であった と思っています。

今は童子の所持品などは火災により焼失して残っていませんが、
童子を祀った石祠が残されている事、六十年前の頃先々代が、訪れて来る人達に誇らしく話している 姿を見ると
、むしろ童子は善人で美男子で豪傑だったのでないかと 思っています。

わが家の小高い丘に、茨木童子 を祀ってある石祠を、家宝として 保存しています。
時々訪ずれてくる人たちのためにも資料の一つと して。』

2000年ころに撮られたと思われる茨木童子の祠

この短い文書に 重要な点があります。
六十年前の頃先々代が、訪れて来る人達に誇らしく話している 姿を見茨木童子 を祀ってある石祠を、家宝として 保存

この文書が書かれたのは 2000年… その60年前 ということは1940年 昭和14年。当時 子どもだった 茨木政司少年は 茨木童子の祠を見に来る人たちに 誇らしく話していた おじいちゃんをみつめていたのでしょう。
そして…時がたち…自分の代になって…あたりまえのように 茨木童子の祠を家宝 として守ってきたのでしょう。
…… おじいちゃん が… お父さんがそうしてきたように…。

 そうです やはり 茨木童子は 祀られていたのです。

越後 軽井沢 茨木童子の祠

茨木童子の祠(ほこら)

越後 軽井沢の茨木童子の里。
…神社(ご神体と賽銭箱と清水があった祠)も無くなり…漫画にも掲載された 鬼ぎり祭りも無くなり……看板一枚すらなくなった里。

……唯一、茨木童子の里に現存(2021年現在)するものといえば

 茨木童子の祠(いばらきどうじの ほこら)
下記↓ 動画は 2021年9月 撮影(撮影と公開の許可はいただいております)

【別の資料みつかる 2021 09 10】 掲載許可をいただきましたので 後日 公開いたします。
たとえば……厭忌…忌み嫌う?てきな 考えからだとしたら
→わざわざ 祠をつくるだろうか?
→小高い丘のような場所に設置するだろうか?
というような疑問があったのですが この証言をみて 納得しました。
 やはり 茨木童子は 祀られていたのです。
 茨木童子の祠 に関する 資料⇒

軽井沢茨木童子伝承  著者 佐藤秀治 氏

佐藤秀治 氏 著作、 『軽井沢茨木童子伝承』 によれば…
 茨木童子が軽井沢を後にした時に、「どうか、もう二度と帰ってこないで欲しい」という村民の願いを込めて建てられた…」
「…いつか 帰ってくるものと思っていたが帰らないので、その旅に出て行った日を童子の命日として、建てたもの…」
 と記述されています。
軽井沢茨木童子伝承 によると 茨木童子の祠が設置された 真意が上記の↑理由からだとするなら かなりショックな内容です。
しかしながら 平安時代、都で酒吞童子と大暴れをし、頼光四天王筆頭 渡辺綱 を敵に回していた 茨木童子は

1999年発行 軽井沢茨木童子伝承 55ページより引用

当時の政権からみれば……朝敵 もしくは其れに準ずるようなまさしく〝鬼”でしょうから 歌舞伎 芝居などでは 胸のすくような活躍をした 庶民の人気者 でも 出生地の体裁を保つために このような 祠をつくった 理由 が必要だったのではないでしょうか。
 茨木童子の祠に関する 資料⇒

 【引用】
2011年5月ころ の 茨木童子の祠 写真↓掲載されているブログURL↓
このときには ほこらに 簡易な屋根が確認できます。
「栃尾の地名」より 引用しております。画像はGoogle画像検索より。
2011年 当時の 茨木童子の祠
http://konyanoohanashi.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

茨木童子の 主な 逸話 2

茨木童子の 服装は 質素だった?

茨木童子 と聞けば まず 必ずといっていいほど出て来る名前⇒「酒吞童子」

服装について その酒吞童子と茨木童子を比べている箇所があります。↓

茨木童子の服装はいたって質素だった?


大江山の鬼族の位から見れば、大将格の酒吞童子の片腕・参謀・知恵者・指揮者・第一の眷属であったことから推察すれば、酒吞童子の立派な出で立ちとは違い、服装はいたって質素であったとおもわれる。…
軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏 役割・立場からの服装分析139~ページより

茨木童子は完全武装の武芸者しか あいてにしなかった?

茨木童子が姿を現すときは 必ず相手は 武芸に長けたもの

完全武装の武芸者たちだけを 狙った?茨木童子


①相手は 武芸に長けたものであること。
一般の庶民が茨木童子に出会ったという話は残っていない。
全て武芸者である。
庶民とは敵対する意味が無かったのである。
また、囚われたと言われる姫君たちも庶民の娘では用をなさなかった。
つねに貴族の娘でなければならなかった。

茨木の敵は貴族であり、相手は朝廷であり、貴族に飼われている武芸者達であった。

②それも完全武装であることが条件だった。
武芸者であっても尚も 万全な装備、鎧兜、名馬、名刀をみにつけ……
軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏 142~143ページより 抜粋。

茨木童子の 主な 逸話

軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治氏
⇒越後 軽井沢区の茨木童子 を様々な観点からまとめた本(研究資料)。
このページでは 世間に知られているであろう 茨木童子の逸話(一部は歌舞伎の演目として今も演じられている)の部分のみを ピックアップしました。

【茨木童子 誕生日は 806年生まれ?】

(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より 抜粋)
(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より 抜粋)

伝承によると、大同元年(806年)に、童子は軽井沢に生まれたと言う。
(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より)

※この頃 日本の主な出来事↓
804年 → 最澄と空海が唐にわたる。
805年 → 最澄が天台宗を興す。
806年 → 桓武天皇が没し、第51代平城天皇が即位。
806年 → 空海が真言宗を興す。

茨木童子の生まれた年代は 最澄 空海 の時代?

※この頃 中世ヨーロッパでは↓
800年 → カール大帝がローマ教皇レオ3世から西ローマ皇帝の帝冠を授けられる

【茨木童子は 親が神社へ隠すほど の美男子?モテた?】

(ここから↓)
成長するにつれますます美しく、才気溢れ、腕力も他に比較する者もなかったという。
童子の美しさに言い寄る女性は数知れず、恋文・投げ文のたぐいは絶えることがなかった。
そこで、童子の行く末を案じた両親は寺に相談し、
泣く泣く越後一宮・弥彦神社に稚児として上げることを決意した。
(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より ↑抜粋)

茨木童子はモテすぎて弥彦神社へ隠れるほど

【茨木童子が“鬼”になったきっかけ 「血塗りの恋文」を舐めた】

(ここから↓)
一時帰郷した童子は、生家の押し入れの中から母親が桑折に密かに隠していた
山のような恋文を探し出し、一気に読みふけった。
特に関心を引いたのは、「血塗りの恋文」であった。
それは童子に恋い焦がれたある女性の怨念が、恋文の文字を血潮に変えたものであったという。
何気なしにそれを指先につけて一舐めした童子は、たちまち身体の奥底から異様な活力が溢れ出て、自分でも押さえきれぬ大きな衝動に突き動かされ、
着ていた着物を自ら切り裂いた。その端麗な容姿はみるみる醜い鬼の形相と化し…
(軽井沢茨木童子伝承 著 佐藤秀治より ↑抜粋)

「血塗りの恋文」を舐めたのが⇒鬼 茨木童子の誕生?

【頼光四天王の筆頭 渡辺綱 が警戒していたにも関わらず 腕を取り戻した】

渡辺綱⇒ウィキペディア

今でも 歌舞伎 等の演目にもなっている有名な逸話(歌舞伎 「茨木」)。
茨木童子は渡辺綱に 源氏の名刀「髭切りの太刀」にて 腕を切り落とされる。
後に、茨木童子は其の腕を取り戻した。腕のあった渡辺綱 邸へは 女装(伯母に化けて)して まんまと渡辺綱を騙したとか…。

警戒する 四天王筆頭 渡辺綱 を 女装 という手段をもって まんまと騙した茨木童子。
男性が女性に化けて騙せるでしょうか?
そもそも茨木童子は女性だった?
人間の女装 ではなく⇒変身能力だった?